節男。

鰹節と共に生きている。

マイ鰹節を常備しているぐらいだ。

そして、成分表示を見て、鰹ダシだと察知すると、一気にマイ鰹節を追加投入する。

濃厚な鰹ダシに変わる。

僕は、とことん、極端野郎だな。

ジルバへんみ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする